fc2ブログ
 

はずばな。

Days
12 /19 2011
もうすぐで溶け切るあめちゃんを、口の中で転がしていました。


そこに、課長がゆゆ様の元にやって来ました。


ひとこと、ふたこと、会話をしました。


課長のひとことに、笑ってしまいました。

クスッと笑うぐらいの笑いならば良かったのですが、
口を大きく開けて、大笑いしちまいました。
その時に、小さくなりすぎたあめちゃんが、
口の中から放り出されました。
飛んでいった感覚は、あったのですが、
床に落ちたものとばかり思っていたので、
何事もなかったかのように、課長と会話を続けようと頑張ったのですが。。。

課長が、ゆゆ様に向かって、「大丈夫かっ」と、焦り気味に何度も尋ねてきました。


ゆゆ様にしたら、何が????  ですよ。



ゆゆ様の死角部分となっていた、胸元に落ちていたんですよね。あめちゃん。
白いあめちゃんでしてね。
パッと見が、歯に見えたらしく、課長が焦っていたのでした。


差し歯が取れたのかと思い、焦ったとのこと。
「歯ちゃいますし!(歯と違いますし!)のど飴です!」と、慌てて訂正したのでした。


落ちたあめちゃんを取って、
また口の中に戻さざるを得なかった状況。。。。想像していただけるだろうか。
恥ずかしかったです その様子を、課長がじーっと見てるんだもの。



教訓。
あめちゃん食べてる時は、大口を開けて笑ってはいけません!
ってか、仕事中にあめちゃん食べんなよ。 が、正解の教訓か
スポンサーサイト



ゆゆ

Welcome to YuyU's blog:)